婚活比較あてにならない0

「婚活男子の本音」とか「結婚できない」とかGoogleやYahoo!で検索してみたらわかると思います。出てくる出てくる色々なネガティブな情報が。

あぁぁ、こりゃ自信なくなっちゃうかもしれんなぁっておもいますわ。僕自身もね。でもちょっとマッタ。

なぜそのような、検索をしたのか、貴方様は一度、ご自身に向き合ってみて欲しい。知っていましたか!?検索結果って「結果」なんですよ。結果って未来のこと?結果って過去のことじゃないですか。統計的結果がこうだった。だけのことで、それに「あなたのこと?ですか」。気が付きました?「検索結果ってあなたが行動した結果のことなのか」とお聞きしておるのです。

なので、お伝えしたいのはこれです。

「男女の好みも、年齢も、好きになる、ならないも、極論ラーメン屋の好みがバラバラなのとおなじ感覚なんですよ」。

要するに、服装の好み、芸人の好き嫌いも、カルビーのポテチ味が好きなのもみんな全員が一緒だったワケ無いですよね。

30代・40代超えて非婚だってよくないっすか?ぶっちゃけね。これから出会って、胸焦がれる恋が始まって一緒にいたいなぁ~って思う相手と”これから”出会ったら、今までの時間はOKじゃないですか?どうですか。

さらにお伝えしたいのは過ぎた時間をあーだこーだ言いながらパソコンやスマホの検索で記事読んで人の過去の行動結果みて、何もしてないうちにビクビクしながら、婚活テーマのやらせっぽい番組をTVで見て「あぁぁあ・・・。」ってなって、意固地になって塞ぎこむ様になってみたり、”勝手に自信喪失”気味になったりする必要が無いってことですよ。

だって全て「他人の行動結果であって、あなたの起こした行動結果じゃない」という事実に気がついていただきたいのでここまで一気に綴りました。

30代男性が30代女性を選ばない?ってホントかよ。

婚活比較あてにならない

30代男性が30代女性を選ばない?って書いている記事の管理人さんへ、その文面に責任持てるのか?独身男性の本音とか言って書いてる記事内容、その独身男性がどんだけなのか知りたい。なぜかって?理由は簡単ですよ。一緒になる人生を歩むっていう相手を世間体な風評的なマスゴ◯が打ち出しているデーターの年収や企業規模で測れないからですよ。統計データ-でイケているなら結婚カウンセラーの仲人業はこの世に存在しないわけです。

30歳男性が20代女性にアタックする!?婚活なら常識で、30代女性は厳しい?これって一部の意見であって、普遍的に訴求するのはどうなのこれ。ありえんし。婚活の利用する場所によるけども、自由恋愛の中でお金を払ってお相手を探す事をしてない人たちで、独身30代男子中盤から後半が20代中盤に行く確率考えたら少なくないか?

同僚に「若いの行き過ぎてないか?」って言われることもしばしばあるんじゃないの。

なにかい、お金払ったから日頃行けない20代女子でもイケる!!ってなるのかい。人間的にそのような方を男女両方の視点から見て、如何なものかとなるのでは。但し、そうは言い切れないのが男女の仲ってもんだから、世の中おもしろいかもしれないよね。その20代中盤の女性が30代後半の男子をOKっと思ったら成立する話である。

逆に、40代女子が30代中盤から後半の男性と交際!ってことだって起きうるかも知れないのだよ。ぶっこむけど篠原涼子32歳の時、結婚相手は当時50代じゃなかったか?こういうことが起きうる可能性はマイナス100ポイントではないのですよね。(芸能人だから・・・と突っ込みたくなるのはよく解りますが)実質、年齢のところで見れば、全くもってコレはこれと言い切れないのが交際する基準の勝利パターンが明確に定義できてないことを、結果の統計だけで言っている人が多いために、この様な結婚できない年齢とか適齢期とかが出てくるので困る。

さて、話は戻して、結婚適齢期は出産に時期を逆算し指していることも多いわけで団塊世代の時代背景の名残であり、その時代に女性の雇用が今よりも多くなかったから結婚する事が一種の女性のゴールでもあったことは少なくないはずだ。よって、その昔は女性は嫁いでなんぼの風潮は合ったわけで、国家全体の骨幹からみるとそりゃ早いほうがいいですよ、老後の年金を託せる人数になるわけだ無機質な表現すればね。

でも、女性がこうも活躍していいる状況に会社の産休体制や育児環境のインフラ不足と複合的な個人の主観価値観とライフバランスがやっと改善改革されてきている世の中で、いまは丁度その混沌期でもあるはず。なので、時代背景から鑑みれば、自分の親の世代が結婚した、子供を産んだ時期などの大部分の人生のタイムラインを今の働き盛りの独身男女を当てはめることはそもそも論であるまいか。

そして今現時点は、個人のパフォーマンス頼りになっていることは国から行政からみても否めないわけだ。こんな経済環境で適齢期だの30代婚活厳しい40代は売れ残りだの言っていたら、逆に、結婚相談所や結婚相談情報提供センターは何仕事してんの?ともなるよね。

結果、その人のスペック頼りでお見合い組ませるの?それだったらバイトでも出来る業務じゃないの?と考える今日このごろ。でもスペックいい人って、増えていくワケじゃないよね。自然発生することも中々無いわけです。現実減っていくわけですよね。だ・か・らなのですよ、思慮するのです僕は。

条件・理想をお金を払うから合わせてよ!というのもモチロン引き受けますよ、それだけじゃないのが結婚相談所の婚活なんだよねと言いたいのでここまで引っ張った次第。お付き合い頂いた貴方様へ、ほんとうに感謝です。

だけじゃないのが結婚相談所の婚活なんだよねと言いたいの

高知婚活出会いない30代

それでは、氣を取り直して聞きます。

実質、結婚相談所を利用する女性が多く男性を求めている事実もあります。その条件がお金、企業規模、安定としましょうか。でも中身、人格が伴っていないなら魅力があるとは女性は思はないよ。これ現実。会社の看板で自分があたかも会社の代表でもないのにココで働いててさぁと始まる会話から始まって楽しいのかな?自分が逆の立場なら、取引してくれると確約あるならあ付き合ってもいいだろうとなるのが営業系男性ではないか。利もない相手の自慢話ほどアザトイものはない。

そのような仕事では機転が利くのに男女の中になるとそうではなくなるのはナゼ、何故、Why?なわけです。婚活する女性に対してあーだこーだと、引くとか言っているなら、それだけあなたは女性の気持ちが汲み取れていることにならないか?そのように切り替えられない何か心の病にかかっているのか?女が怖いのか?でも何かがあるから、「今の女性は~・・・」っと一言申し上げたくなる感情が起こるのは何故だろう。

それって、逆からみたら余裕になるのよね、その女性本人が気が付いて無い部分に気が付いて”あげられている”とういうことでしょう。違います?

しかも女性に何か求めていないなら、そこまで愚痴なりの不平不満でない。これはまさしく期待の裏返し心理である。確実に。男性のアタナが何言おうが、その女性に少しでも「もっとこうならいいのに・・・。」と思った時点で、いわゆる視点を変えてみれば歩み寄るチャンスでもある。「そんな、まどろっこしい!」となる意見もあるのも存じております。どっちがどっち、優劣で判断してたらアカンのですよと言いたいのです。これって交渉決裂じゃないですか。

あなたの欲しい目的は何ですか?

婚活比較あてにならない3

あなたの欲しい目的は何ですか?服従させること?会社では上司にこき使われるから家では王様になりたいこと?ストレス発散に女といたいの?右向け右って言う事を聞かせたいの?星一徹のようにちゃぶ台返しをやりたいの?あなたが女性と交際したい!会ってみたい!となる【も・く・て・き】目的!はなんですか?ここに一度立ち返ってみたらいかがですか?

そうすると、すこし冷静になれませんか。少しご自身を取り戻すことが出来ませんか。

大体にして力技では女性より男性の方が有利じゃないですか、いきなり会って数時間で心開けって言うのが無理難題でもありませんか?男性だって役職という組織の権力構図でもおなじみじゃないですか、普段話しかけられない社長がいきなり声をかけてきたら「えっなんすか?」って対応します?「ハイっ!」みたいな感じに何故かビシってなりませんでした?そんなもんと一緒だと思いますよ。

慣れの時間、相手を知る・知り合う時間って必要じゃないですか。男性からみて「あいつ、モテるよなぁ」って言う人、イラつくかもしれませんが見てみてください。多分、物腰ソフトか、気さくとか、何かしらオープンな性格じゃないですか。そのようになって見てくださいという様な一般論は言いません。個々に良いところがあるのでそれを引き出すたり気が付いていただいたりするのが結婚カウンセラーの仕事の本質でもあるからで、でも結果を速く出したい方は、真似あげることが行動を変えれる一番の近道でもあるとは、このサイト内のブログでも何度か書いておりますが・・・、さて、・・・、

「だったら、それどうやってやればいいのよ!」

次にくるツッコミ「だったら、それどうやってやればいいのよ!」となります。その氣持ちよーーーく解ります。そこで男性様へ(女性様も)だから結婚相談所の結婚カウンセラーがいるではありませんか。一緒に言えるようにシュミレーションだって行いますよ。友達にこのようなこと真剣にお願いできますか?実質照れますわな。自分だってちょっと抵抗あります。

友達に相談できない交際の悩みをカッコつけずに腹の底から言える相手がいたらいかがですか?いいじゃないですか、お見合いしてみて合ったら、ココがこうで、こんなところがもっとこうだったら「俺、付き合いたいっす!!」でもここがどうしても気になるんスよ。って相談しあって、仕事より真剣になってみるくらい(上司、会社には内密にしますので(笑))僕らが付き合いますよ。その為の結婚相談所なんですから。

なので、会ってみないことには何も始まらないのです。年齢が~とか気にしないで会ってみるという選択肢、そのんな人生の数時間の余裕も会ったほうが面白いと思いませんか?

コスパ重視の感覚はAmazonや楽天で買い物する時、じゃらんやホットペッパー、一級ドットコムとか価格ドットコムで十分、日頃からやっているのですから、人間との付き合いに数値では測れないコトモノが必然にたくさんあるのですから、どうあがいても、コントロール出来ない、自分の思い通りにいかないことが世界の常じゃないですか。

上手く行っているなら戦争や経済摩擦なんかとっくに無くなっておりますよね極論。なので、どうせ男女のなかは直感的にビビっとくる出会いもあれば、会ってて、なんか気になるなぁ~という出会いに、えっこの人と会うのですか?というイレギュラーな出会いまで、結果は出ていません。未来を作っていく感覚で楽しめるように視点変えたほうが、お得ですよね。いかがでしょうか!

人生を楽しむことにコスパ必要ですか?ファストフードやファストファッション感覚でいいですか?それなら夜の繁華街で十分でしょう。でも満足しないことはご自身で一番知っているはずですよね。だかろこそです、年齢の上下が必ず条件ですか?子供を産める、産めないが一番のプライオリティは正しい判断ですか?それよりも、氣があうのかどうかに重きをおく方が成功事例はたくさんありますよ。

ご友人の既婚者に確認してみて頂ければ確証取れるはずですよ。条件で結婚決めたか?多分8割が「No」といいますよ。

あとから後悔する婚活はオススメしたくない高知でご縁をつなぐセン結婚相談所のポリシーでもあります。