紳士的な男性婚活

氣がつけば40歳を過ぎ独身。モテる30代を過ごしてきた男性が陥りやすい婚活の落とし穴とは。

38歳くらいまでは、女性からのアプローチや周りからの紹介も少なくない。まだまだ狩りも出来る。「正直、同世代の他の男性よりは遊んできた」、「自分はまだまだ女性に困ることはない」

ところが40を超えてから、さすがに彼女もいなければ、結婚への焦りも出てくるのは、まだ自分は結婚願望があるのかなと。子どもとキャッチボールしたいし、これ以上引っ張るのも定年を考えますし、そろそろ独身貴族も飽きてきた。

実はこれまで婚活市場でも人気のあった高スペックイケメン男性ほど、40を超えたあたりから結婚が遠ざかっていくんですよね。

「えっ、なんで?」

って思われる方、安心して下さい。今記事があなたの結婚観を見つめ直すキッカケになれば幸いですし、これを機に1円(縁)にもならない男の美学とやらを断捨離していただければ。

では、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

オンナを落とすor落とせない。まずはその考えから脱却せよ。

高知の結婚相談所ブログ

見栄を張ってきた30代。等身大の自分を見せることが出来ずに、いつもカッコよく奢って「どやっ!」ってのが、俺ら男の美学。(でした)

だって、可愛いあの子を落としたければ、食事からバーからタクシー代までぜ~んぶ!男が奢るのは当たり前。女性や後輩にお金を出してもらうなんてオトコじゃないぜ。

でも今は正直、お金がかかるので頻繁にはデートに行けないんですよねぇ。最近は、奢られるのが当たり前みたいな女性も多いですし。

「奢られるのが当たり前な女性?」ちょと待って下さい。

▶本当に結婚が目的なの?

最初からそんなに貴方のハードルを上げて、結婚してからどうするんですか…。最初からハードルを上げすぎると、女性が貴方に求めるものも高くなりますし、交際してから、あなたの価値や評価は下がる一方です。結婚したとしても、後からしんどくなりますし、それで結婚生活が続くと思いますか?

それに、貴方が当たり前のように奢る。って最初から見栄を張るから女性に、勘違いさせている部分もあると思いますよ。出逢いというのは不思議なもので、あなたの想いや人間力ってやつに惹き付けられます。だ・か・ら!等身大の貴方でいかないと、後から必ずズレやひずみが生じてしまうのです。

最初に立ち位置が決まってしまうと、奢って当然だとか奢られて当然って環境から脱却することは難しいし、そんな関係しか築けない女性としか出逢えないんですよね不思議と。恋愛攻略本にあるような駆け引きではないですけど、技巧に走りすぎて転ばないように注意は必要かと。

仕事がデキる貴方ならわかってくれると思いますが、安っぽい異業種交流会に参加していても、結局は複数の人と名刺交換しただけで溜まるのは名刺、減るのはお金。なのに、一度会っただけのペラい関係で、「人脈増えた〜」って言ってるのと同じじゃないですかぁ…。

ギブアンドテイクのテイクばかりを求める人が集まる異業種交流会で、一流の人と人脈が築けないのと同じで、婚活も貴方自身の考え方・行動レベルが上がらないと、相手が求める出逢えません。(そもそも一流の人は来ないし、人間的に成長すると人脈は向こうから勝手にやってくるのかと)

背伸びして結婚をしても、一生「偽った貴方」を演じ続けることは不可能ですし、離婚しない結婚を目的とするのであれば、収入や生活レベルでストレスなく一緒に家庭を築ける女性との関係を求めるべきでしょう。

それでも、あなたが想うイイ女を求めるのであれば根本的に目的が間違っているのかも。ただの彼女が欲しいのか、それとも結婚相手を探しているのか。ここをはっきりさせないと。

今記事のタイトルでもある「モテるけど、なぜか結婚できない40オトコの婚活」で出逢えないのは、「貴方との結婚相手に合っていない女性」にフォーカスしているからリンクしないのです。

意外と貴方に合った結婚相手は身近にいるケースも。

婚活40オトコ

まずはゲーム感覚的な遊びの恋から、心地良さを求める結婚に目的を変えないと、いつまでたっても結婚相手は近づいてこないでしょう。

スーツでビシッと決めて、美味しいワインの飲める高級レストラン。氣持ちわかります。でも、たまには貴方の心がスッピンでいられる「いつもの店」でとりあえず生!!

いいじゃないですかぁ!そういう日常のオフな隙のある貴方。リラックスするから相手もリラックスする。リラックスできるから一緒に居て心地良い。心地良いからずっと一緒にいたい!この論理ですよー!値段が氣になって味わえないワインを飲んでその場を楽しむことは難しいと思いますし、「作為的」なあなたのブランディング戦略。意外とバレちゃってますよ。だから格好つけるのが格好悪いって巷で聞くけど、そうなのかなぁと。どこかユルい隙があるから心許せるわけですし、女性が入るスペースを作ってあげる余裕を見せないと!ね。

付き合う前に「紳士的で頼れる男!」を演じておいて、「紳士的で頼れる男」が好きな女性と付き合った途端、ボロが出る。これ一番格好悪いですよね。「最初はドアを開けてくれたのに、、、」偽り系あるあるな話。

〆ますと。

高知 婚活セン

貴方が女性にどう見られたいのか、好感を持たれることを過剰に意識することは付き合ってからデメリットの方が多い。まずは付き合う前に等身大の自然な貴方を出す「勇氣」を持つことが大切。コンプレックスや隙は無いよりあった方がいいですし、正論を言う男や完璧な男ほど敬遠されがちです。もし本氣で結婚をお考えであれば、何のプラスにもならない見栄や余計なプライドは捨てるべきでしょう。男性としての自尊心は必要ですが、時代や年齢にチャンネルを合わせてバージョンアップしないといけませんし、新しい価値観を取り入れる柔軟・素直な姿勢は必要でしょう。

高知の結婚相談所CENでは、男性の婚活で疑問に思われていることや、ご質問をお待ちしております。お氣軽にご質問ご相談下さいませ。