高知センブログ婚活

ラグビーにはノーサイドという言葉がある。試合終了という意味らしく、戦い終えたら両軍のサイドが無くなって同じ仲間だという精神に由来するそうです。(今は、フルタイムという言葉を使うらしいですが、そこまで詳しくはありません)

僕は、このNo Side(敵、味方なし)という言葉が、とても好きです。

なぜなら、恋愛・仕事・プライベートなどの人間関係において、ぶつかり合うこと、憎しみ合うことはたくさんあると思いますが、戦い終えたらノーサイド。その方がシコリも残らないですし、心身ともに健全を保てるのではないでしょうか。

でも実際のところ、ちょっと綺麗ごとかなぁ。だって、不思議とどこへ行っても必ずといっていいほど、自分にとって有害なタイプの人間というものは存在します。(環境変えても、自分変えないと、何も変わらない)

上司、取引先、同僚、元恋人、家族…etc 失恋のように、時には、相手から逃れようと、対立したり逃れたりすることは、止むを得ないときもあります。しかし、そのような場合でも、相手の不遜な態度を怒ったり、憎む必要はないのです。

相手に対し、寛容であろうと努めるとき、あなたのココロは充たされ、自己評価も高まり、周囲からも尊敬を勝ち得ることができるでしょう。そして、人間的魅力が増し、好感度も上がる。

更に、過去に憎んだ人や、現在、嫌いな人を許すことによって、あなた自身の氣持ちが楽になるのです。

イエスの言葉に「汝の敵を愛せよ」とあるが、敵を許すということは、自分の心にある憎悪という否定的な感情から、解き放たれて、本当の意味でココロが自由になることを説いているんですね。

なんだか、CEN(宣)教師みたいになってきましたね(笑)

とは、言うものの、「心の寛容さ」の重要性がわかっていても、なかなか相手を許すって難しいですよね。

そんなときに、相手に対して、「最終的に」にちょぴっとだけ・・・感謝できるフェーズまで到達できると、あなたの心に平和はもたらされます。(もう、開き直って、宣教師キャラでいきます)

問題自体に問題はなく、捉え方に問題がある。

Auckland, New Zealand - August 15, 2015 - Kieran Read, Richie McCaw and Maa Nonu of the All Blacks (front row L-R) perform the Haka ahead of The Rugby Championship match between the New Zealand All Blacks and the Australia Wallabies at Eden Park on August 15, 2015 in Auckland, New Zealand.

たとえば缶ジュース。缶をソコから見ると円形であるが、卓上に置いて、真正面から見ると長方形に見える。つまり、角度や視点を変えれば、全く違うモノが見えるということが言いたいのである。

【思考には3つの考え方がある】

①マイナス思考
問題に対して、悪い面に着目し、悪い方向に捉えること

②プラス思考
問題に対して、良い面に着目し、前向きに捉えようにする意志を持つこと

③ブレイクスルー思考
起こった問題に価値を見出し、全て自分が成長するために起きた試練であり、そこにマイナスはないという発想

ブレイクスルー思考は、オールプラスで、そこにマイナスはない。試験の不合格、失業、失恋、離婚・・・。一見、それ自体は物凄くマイナスに見えます。なかには、消化するのに時間がかかるモノもありますが、

【キーワードは】

▶神様は私に何(氣付き)を教えようとしているのだろう

書いてて、自分でも胡散臭いですが、でも宣教師なので仕方がない。でもね、あなたも経験あるんじゃないですか?いきます。(どこへ?)

あなたの周りにもいません?「あのときの○○があったから、今の自分があるんだよねぇ」と、失敗談を自慢気に語る人。

んー確かにいますけど、、、

でも、失恋した日は、「この世の終わりや」なんて絶望のあまり、固形物が喉を通らなくなるくらい辛いですよね。(OLか!)

更に、違う「男or女」を作っていた(テヘペロ)。なんて衝撃の事実が発覚したときの裏切られた感・・・怒りを通り越して、ショックですよね。

「うきーー!ぢぐじょう~!ぐやじい・・・もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶~対に~」なんて言えませんよね、絶対に。(槇原敬之さんの『もう恋なんてしない』)

よーし、こうなったら見返してやる!仕事に趣味に、自分磨きだ!わっしょい!

でも、しばらくすると、誰かをまた好きになって、恋が始まっちゃうんです。そして、アタラシイ恋人が出来た日は、ハリセン・ピコハンで叩かれても、笑って許せる。釈迦が菩提樹の下で悟りを開いたときのように。

そして、あなたはきっとこう想うはず。

インド女性高知セン

▶あのときの辛い失恋があったから、今の人に会えたんだよね。

逆に言えば、あの辛い失恋が無ければ、今の人には会えなかったのでは?

ノーサイド。辛い失恋を乗り越えた(ブレイクスルー)先に待っているのは、幸せ色に染まった心のキャンバスに描かれた絵ではないでしょうか。限りなくvividな描写でね。(決まった)

そこに、「ありがとう!」って感謝する氣持ちを持てると、自己の優越性を高めることが出来て、恋愛だけではなく、趣味に仕事に人生に!きっと幸せになれますよ!

感謝は最強の氣力!戦い終えたらノーサイドでいきましょう!

【高知市薊野西で意外と成婚出してる、結婚相談所CEN】
恋愛・婚活についての疑問や相談について。FBアカウントのメッセージでも絶賛受付中!

▶CEN代表 甲木良作アカウント
Webお問合せフォームからもどうぞ
▶お電話はコチラ ⇒ 0888465510
▶四月パーティーはコチラ ⇒ 男性32~44歳×女性30~42歳 落ち着いた和の空間で婚活ランチ会☆パティシエの作るデザート付き♪

まずは、あなたのご希望や結婚観を拝聴させていただきます。お問合せいただいたからと言って入会勧誘、一切ありませんのでご安心ください。オフィスも看板出していなくてエレベーター完備ですので、婚活バレしたくない方もご安心くださいませ。