口説く男性

年収?確かに、結婚するのに経済力は必要だけど、まぁ、あんまり氣していないです(笑)。

お互いが仕事・家事・育児について認め合ったり、「あぁぁあ、もう!」って心折れそうになったときに、支え合える人がスグ側にいてくれるだけで、幸せだと私は思います。

そんな人と結婚できるならね。それに、それ以上求めると、関係がおかしくなっちゃいそうですし。

理想な関係というよりは、一緒の家族になりたい!って思える人と出逢いたいですよね。これが、今どき30代婚活女子の本音なんです。経済的な面も含めて、最初から全てを男性に依存しようという女性なんて私の周りに少ないですよ。

最近の男性で、口説いてくるような肉食系って少なくなってきたのかしら?消極的な男性が多くなってきたオス社会。

紳士的な男性から、coolに口説かれるとクラッと惚れる女性って多いと思いますよ。逆に、新鮮で。

高知婚活ブログ

世の独身男性に申し上げたい。女性は待っている!そして、更に朗報を。
あなたがプレッシャーに感じている結婚=一家の大黒柱の時代は幕を閉じようとしている

確かに、まだまだ女性にとって働きにくい社会制度・風習は十分に改革されたとは言えないが、少なくとも、結婚したい!女性は、気付いてきている。冒頭にあった女性のように、変えていかなければならない“結婚観”にね!

なぜ女性を口説かない?

それには、男性が結婚に対して、及び腰になるファクターがあったんですね。それらを分析・丸裸にして、男性への正しい知識と、結婚できる!行動を喚起していきます。

この論理の基盤が理解できると、男性の方は、もう少し積極的に口説けるのではないかと思います。

ネガティブ男性への、超意外なNGワード

四国婚活ブログ

合コン・パーティーなどで初対面の女性と出逢ったときに、「お仕事何されているんですか?」と質問された経験はありませんか?

この質問って、女性としては、「きちんとお仕事されているのかなぁ?」と話ネタ程度に聞いているだけなのに、なぜか、ネガティブに捉える男性がいます。

男性の、耳から入ってきた情報が、脳に伝達するプロセスで、「あなたが結婚相手に相応しいかどうか判断したいので、職業を教えてくれませんか?」と、値踏みでもされているような気分になっちゃうんですよね。

実際に、それが嫌でパーティーに参加したくない男性はいますし、「仕事は、○○です」ってボソッと答えて、自分で勝手にテンションが下がり、あとの懇親も楽しめなくなる⇒婚活離脱となってしまうのです。

筆者の場合、質問に答えると、「えっ、とんかつ屋ですか?」と聞き返されることが多く、「コ・ン・カ・ツです!」と母音強めで、言い直します。滑舌が悪いんですよね。まぁブログだと、カツレツ悪くないですもんね。あっ、滑舌ね。噛んじゃった!

コホンっ、失敬!さて、そろそろ本題に。ちょっと、久しぶりにデータ引っぱり出してみます。2016年、明治安田生命福祉研究所の調べによりますと、

▶20代で、300万未満の所得男性の割合は約65%
▶30代で、300万未満の所得男性の割合は約45%

正直なところ、数字で結婚相手選ぶわけじゃないので、あまり統計データを使うの好きじゃないんですが。

実際、結婚相談所CENに相談に来られた男性の中にも、「自分の所得で、結婚できますかね・・・」って、収入の話になると、とたんに表情が曇る男性もいます。(高知は看護師など、女性所得の方が高い傾向アリ)

話の流れから、推測できること。

男性口説くブログ

▶未だに、男性は経済力が低いと、女性から選ばれない(結婚できない)と思い込んでいる
▶女性は、経済重視主義から価値観重視主義に変転している。

大きくは経済理由、それから新たな価値観・選択・世の中の流れなどから、“時代は超高速”で変化し続けている。

だけど、「結婚観」だけは、未だに古い価値観にとらわれていることが、結婚できない!と男性の妨げになっている。逆に女性は“変えていかなければならないモノ”に気付いた人は、うまく成果に結びついている。

だ・か・ら、男性はあまり稼ぎが少ないなど気にせずに、女性と価値観をシェアするスタンスで、もっと積極的に、アプローチすればいい。

女性も、経済重視主義から、価値観重視主義に変えていかなければならない。

変わらなければならないのは、国や民間の結婚相談所も同じ

年齢・年代その他諸々全て違う。例えば20代と、50代の営業のしかたや考え方は全く違う。それを50代60代の考え方、「俺の時代はこうだった!家庭を持て!」と、同じこと言っても、彼カノジョらには通用しない。

このような古い価値観のリセットや、時代遅れの考え方をチェンジしていかないと、ユーザーが求めているのは、はっきり言ってソコじゃないので。お節介でなく、単なる押しつけ、余計なお世話になって、婚活離れに繋がるのではないでしょうか。

〆ますと

カップルキス高知

時代によって、「当たり前の感覚が、当たり前でなくなること」は、結婚だけではなく恋愛でもそう。今の10代がLINEグループ内で和を乱さないように、空気を読み過ぎ、恋愛をしなくなってきているはご存知でしょうか?

えぇえ!それは無いでしょう。現状を目の当たりにしても、なかなか信じられないお気持ちは、よくわかります。

しかし、実際、耳を疑うことが起こっているのが現代というよりも、時代の変化スピードが掛け算で、上がってきているといったほうが正しいのではないでしょうか。

1985年の男女雇用機会均等法、男女交際に関する規制緩和、SNSによる出逢いの拡張など、「出逢う機会」「出逢いの場」は確実に増えてきているのにも、関わらず、どうして、未婚者が増えてきているのでしょうか?

今や、人生イベントの中で、自動的に結婚できない時代になっている我が国の婚活事情ではありますが、多様化していく時代の価値観や考え方に順応していかなければ、あなたの人生設計は実現しません。

男性も女性も、“変えていかなければならないもの”と“変えてはいけないもの”のバランスをとって、幸せな人生を歩んでください。

【四国高知でお見合い成功率100%の、結婚できる結婚相談所CEN】
恋愛・婚活についての疑問や相談について。FBアカウントのメッセージでも絶賛受付中!

▶CEN代表 甲木良作アカウント
Webお問合せフォームからもどうぞ
▶お電話はコチラ ⇒ 0888465510

まずは、あなたのご希望や結婚観を拝聴させていただきます。お問合せいただいたからと言って入会勧誘、一切ありませんのでご安心ください。オフィスも看板出していなくてエレベーター完備ですので、婚活バレしたくない方もご安心くださいませ。