ジョブカフェこうち結婚相談所CEN代表甲木取材ブログ

ジョブカフェこうち発行のフリーペーパー、高知の若者を応援する『明日』2016.June 17号に、弊社代表甲木良作への取材インタビューが掲載されました。

今回の特集は“「志望動機」の書き方、伝え方”

元高校教師の経験を持つ結婚相談所CEN代表甲木が、就活と婚活で共通している大事なポイントをアドバイス!

自分が氣になる相手に受け入れてもらうにはどうすればいいのか?結婚カウンセラーがハートのつかみ方を教えます!

【ジョブカフェこうち詳細】
(1)対象: 高知にお住まいのおおむね40歳未満若年者
(2)サポート内容:仕事に関する相談、就職支援相談 他
(3)活動内容:各種セミナー開催、しごと体験講習の受付 他
ジョブカフェこうちWeb
[引用元:『明日』2016.June 17号]

『明日』2016.June 17号

1、好きな人のことを知る

この人とお付き合いしたいという時、相手のことを知ろうとしますよね。お見合いなら、事前に相手の趣味などを知ることができます。たとえば男性には、スイーツの写真を撮ってストックしておいたらいいですよとアドバイスをします。

相手がスイーツ好きなら、「ここのケーキ美味しいですよ」と話題にできますし、一緒に行こうとなるかもしれません。

就活でも、この会社に採用してもらいたいというとき、どんな考え方でどんな仕事をしている会社かを知っておくことは重要です。

人は自分に興味を持ってくれる人を好意的に見ます。自分を見てくれているなということは、会社にとっても相手を好意的に見るポイントになると思います。

2、ストーリーで共感させよ

志望動機は抽象的だと相手に伝わりません。できたらストーリーがあった方がいいと思います。人間って、うわべだけのことを言っても心に響かないので。

学級委員長をしていたのなら、委員長をしていました、だけではいけない。

例えば、最初は我が強くてうまく文化祭準備が進まなかったけれど、人と協力してやっていかないと一つの組織として大きなことを動かすことができないと気づいて、結果的に文化祭を成功させることができたとか。

挫折や失敗といった、マイナスな過去も価値にする。だから今の自分があるのだと自信を持って言えたら、それをプラスに感じてもらえるのではないでしょうか。

ワンポイント!大事なのは、第三者の目

婚活では、趣味や資格、自己PRといった情報を掲載するプロフィールというものがあります。就活の履歴書のようなものです。

自己PRでは「友人からよく家庭的だねといわれます」と第三者からの評価を入れたり、趣味はスポーツと読書とか、動的なものと静的なものを両方載せて会話が膨らむようにします。

3、勝負は6秒!?ファーストインプレッションで決まる

第一印象は最初の6秒で決まるといいます。その6秒で、面接官はその人の像というものをつくると思います。

就活イベントでも、最初に会ったときに「おはようございます!」とさわやかに言われるのと、「あーどうも」と下を向いているのとでは、相手に与える印象が全然違います。

だから、第一印象は非常に重要。ずっと一緒にいたらどんな人かわかりますが、お見合いや面接の短い時間で自分がどんな人間かを伝えることは難しいことですよね。だから、マイナス印象を与えることは極力少ない方がいいです。

面接の査定の3大ポイントとなるのが
▶志望動機
▶意欲
▶第一印象

志望動機やペーパーテストの評価は同点だけと、1人選ばないといけないというときがあったとしたら、そこで印象というものが運命を分けるのかもしれません。

ワンポイント!及第点の服装

婚活では、お見合いの前日に服装をチェックすることもあります。本人はちゃんとしているつもりでも、及第点の服装や身だしなみが分かっていない場合があります。

特に30代、40代の男性は、昔の型のスーツを着ていたり、髭をちゃんと剃っていなかったりということがあります。

就活も、採用担当者に時間を取っていただいているので、それなりの準備をすることがマナーだと思います。

4、模擬面接、あえてやるなら教官役

面接練習では、答える側だけではなく面接官の役もすると、気づくことが多いと思います。例えば、何人かで面接官と就活生の役をローテーションするやり方です。

誰かがわざと服装を乱して下を向いて部屋に入ってきたり、極端な癖を出してみたり。気づいたことをあとでディスカッションします。

こうすることで、自分を客観的にみることができますし、自分でも気づくというやり方が一番身につきます。

そうすると、相手の立場に立って相手にどう思われるか、どうしたら受け入れてもらえるかを考えることができます。

人事を尽くして天命を待つ

CEN株式会社代表取締役甲木良作

就活でも婚活でも、うまくいかないことはあると思います。しかし、過ぎたことはしょうがない。振り返って反省して、直すべきところは直す。そして自分の弱さを認めてあげる。切り替えはとても大切です。

【高知で意外で成婚出してる結婚相談所CEN】
弊社代表結婚カウンセラー甲木宛:Facebookでメッセージはこちら
Webからのご質問・お問い合わせはこちら