高知龍馬マラソン完走ブログ

私事ではございますが、先日2月19日(日)に開催された高知龍馬マラソンを無事完走することができました。

先ずもって沿道から応援してくださった皆様、電話やメッセージを送ってくれた方々も、そうでない方にも心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

毎年参加している龍馬マラソンですが、前回達成できなかったサブフォーと言われる4時間以内に完走することを目標に昨年10月頃から体重を7キロ減量するなど精力的にトレーニングに取り組みました。

今回、なぜ僕がマラソンのことをブログに書こうと思ったのか。

それは、いつも会員の方と更に選ばれる異性になるようダイエットの計画を一緒に考えたり、即効性のある恋愛テクニックばかりに頼るのではなく、具体的な目標設定と日々の地道な努力が実を結ぶことの大切さを説いているから、自らが率先垂範したかったのです。

言うは易く行うは難しとはこのこと。

正直、めちゃめちゃしんどかったです。レース前に極度の緊張状態からリラックスするためストレッチをやりすぎて、まさかの8キロ地点で左太ももがビリビリと痙攣してきました。

「これは本当にやばい・・・」

一瞬で気持ちがネガティブになり、頭の中が考えられるだけの言い訳でいっぱいになりました。

しかし、ここでもやはり、いつも会員の方に、「どんな状況でも前向きに考えるように」と助言していることを思い出し、自分が人に言っていることと行動していることが矛盾してはいけないなと・・・

これは神様が「まだまだゴールは遠いから焦らず、ゆっくり行きなさい」と言っているのかなと前向きに捉えるようにして、焦る気持ちとペースを抑えることにしました。

そして、給水所ごとに左太ももに水をかけて、「あれだけ練習してきたんだから、絶対に大丈夫!」と胸をたたいて、自分を強く信じました。

27キロ地点で奇跡が起こる

pexels-photo-23985

粘って粘って粘って、ひたすら激痛を我慢して、難関の浦戸大橋を乗り越えて花街道へ。なんどもビクンっと足がつりそうになりましたが、精神力というか気力で持ちこたえました。

すると不思議なことに、27キロ地点を過ぎたあたりから身体がフワっと軽くなって、走っていること自体が気持ちよくなってくる、いわゆるランナーズハイ。

それまで1キロ5分30秒のペースで走っていたのですが、4分40秒までペースを上げてみることに。

なぜなら、弱気になるのは、自分らしくないですし、後半はイケるところまで、強気で攻めてみよう!と自分の限界にチャレンジしてみたくなったのです。

高校野球で教わったことで、今でも実践していることは「辛いときにどれだけ明るく楽しめるか」

言葉は悪いですが、「どれだけ馬鹿になれるか」が、人生を成功させる上でとても大切な考え方なのです。

婚活も恋愛も辛そうな顔していても福の神は寄ってきません。

学生時代に失恋して教室で突っ伏している人って声をかけづらいですよね?気を引こうと必死になって落ち込んでも逆に離れていく。

そう。なぜかツキが良い人はいつも気分よくニコニコしているのです。

だから、マラソンも心から楽しもう!沿道で声援を送ってくれる方とハイタッチを交わしたり、太平洋や仁淀川の風景を楽しみながら、ここからどれだけ記録を伸ばせるかワクワクしながら走りました。

32キロ地点で、3時間半のペースランナーとすれ違ったときに、「あれを抜くことを目指そう」と更にギアを上げ、ラストスパート!

惜しくも5分程届きませんでしたが、前半8キロでリタイアもよぎったレースだったので、満足のいく結果となりました。

婚活を楽しむものにしかず

BjjVIQyCMAAk6c7

「うまくいかないときに、どうやって前向きに捉えるか」気の持ちよう・心の持ちようって本当に大切であることを実感した高知龍馬マラソンでした。

婚活もうまくいかなかったこと、失敗をいかに成果として前向きに捉えるかはとても重要です。

「デート(お見合い)がうまくいかなかった・・・」

確かに、それは辛いことですよね。だけど、果たしてそれは本当に失敗なのか?

そう考えるのではなく、何かテーマを持って取り組んでみて実践をしたとする。

例えば、いつも緊張から自分ばっかり喋ってしまってネタがつきた時に沈黙になってしまう。その失敗パターンを乗り越えるために、相手の興味を引き出す効果的な質問をし、傾聴を実践してみる。

お見合い結果はうまくいかなかったけど、前より緊張しなくなった(ココ大事!)し、相手の話を聴こうとする姿勢が心に余裕をもたらした=少し自信がついた。

それって、立派な成果じゃないですか。そう考えるとそもそも失敗なんてゼロなんですよ。

仕事も人間関係もそうやって前向きに捉える意識癖をつける。何か実践のテーマを持ち続けることによって必ずうまくいく!

あとは、「きっと、うまくいく!」と自分の人生にほんの1センチの期待と、1万メートルの希望を持って、もっともっと楽しんでいきましょう!

「これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。」
孔子(『論語』岩波文庫 117-118頁)

「婚活も恋愛も、テクニックを知っている者は、それを好んでいる人には及ばない。物事を好んでいる人は、それを心から楽しんでいる者には及ばない」という感じになるでしょう。

ただ義務的にデート(お見合い)を行うのではなく、テーマを持って前向きに取り組むことで、よりよく身につく。

そして、身についた経験が増え、それによって異性が好むこと・モノは何か?がわかってくると、物事に対して意欲が起こり自信もついてくるのではないでしょうか。

今ブログが、あなたの婚活・人間関係・人生に取り組む姿勢で少しでもお役に立てれば幸いです!

婚活パーティー・イベントや合コン、1対1のお見合いでうまくいかなかった、婚活に疲れたという方は、私たちでよければご質問ご相談ください。

ご質問はコチラ
▶お電話の方は0888465510
1月の実績はコチラ