pexels-photo-70737

高知でCEN(株)が提供する婚活サービス「CEN結婚相談所」代表を務めている甲木良作です。

友達・恋人・家族など、全ての人間関係をより良い関係にしたい。あるいは、苦手な人との人間関係を改善したいというのは、多くの人の共通テーマですよね。

あなたも、身近な人間関係が崩れると、生活にまで影響を与えるといったご経験をお持ちではないでしょうか。

そして、それはとても辛いことだと思います。

だから、人間関係全般において言える大切なことは、「相手とより良い人間関係を築くこと」なのです。

そのためには相手と信頼関係を構築することがとても大事なポイントになってきます。

自己重要感とは

pexels-photo-109275

あなたは、「自己重要感」という言葉を聞いたことはありますか?

「自己重要感」とは、自分が大事にされている感覚のこと。自己重要感には、2つの側面があり、自分自身で「自己重要感」を満たそうとしても、完全に満たされることはありません。

・自分自身は価値のある存在だと認めたい思い。
・他者から価値のある存在と認められたい思い。

人間の深層心理には、自分を認めてもらい、存在価値を確かめたいという欲求を生まれながらにして持っているのです。

【人が自己重要感を満たすために取っている行動】

■ 自己承認のための努力
スポーツの大会で入賞する。受験で合格する
■ 認められようとするための努力
会社で営業成績トップ!昇給するなど
■ ファッション/ブランド/高級車など
成功者としてのステイタス
■ SNS投稿・やたらと多い自慢など
海外でのバカンス、芸能人と一緒の写真
■ 他人の同情を引くための病気
折に触れて具合が悪くなる人
■ 他人をけなす・批判する
他人を落とすことによって、自己重要感が上がった気になる
■ 噂をするのが好き
ニュースソースになりたい

など、これらは良い悪いではなく、人間の根源的欲求を満たすために取っているごく自然な行動なのです。

つまり、もしあなたが相手の自己重要感を満たす存在となれば、相手に影響を与える存在となることができるのではないでしょうか。

では、どうやって満たすのか?

今回は、相手の自己重要感を満たす「傾聴スキル」をご紹介致します。

傾聴スキルとは

pexels-photo-105952

「傾聴スキル」とてもシンプルな方法であり、実践すると、すぐに成果が出るパワフルなスキルです。

少し意識を持つことによって、相手の反応は驚くほど変わります。特に、自分から話すことが苦手な人はこの傾聴スキルを取り入れて、日々のコミュニケーションにお役立てください。

あなたは、自分の話を真剣に聴いてもらったという体験は、日常どれくらいあるでしょうか?

話している途中で、言い返さる、遮られる。あるいは、相手がスマホを操作しながら聞いているなど、真剣に聴いてもらえていないという体験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。

傾聴の定義は状況やテーマによって異なります。

ここでの傾聴は、相手との信頼関係を構築することがテーマです。

信頼関係を築くために、相手が重要な存在であると認識して、話し手に全神経を向けて聴く。相手の感情に共感しながら、相手が安心して話せるような聴き方をポイントとしてお伝えしていきます。

想像してみてください。もし、相手が真剣な表情で心から共感をしてくれながら、あなたの話を聴いてくれたらどんな気持ちになるのか。

おそらく、「自分のことを大事に思ってくれている」と実感できる、心地よい体験となるでしょう。

傾聴は日々の意識と訓練次第で誰でも伸ばすことのできる資質です。

それは、楽器の練習と同じようなものだと言えます。ピアノに例えると、人はもともと鍵盤に触れることができるので、誰でもピアノを弾ける資質を持っています。

music-piano-hands-75149

ところが、誰からも習っていませんし、最初から上手に弾ける人は少ないですよね。

そこで、ピアノ教室に通って先生に習い、繰り返し練習することによって、自然と指が動くようになってきます。

最初は、譜面と鍵盤を交互に見ながら、「次は〇〇を意識して、□□を意識しながら」と、ぎこちなかったはずの演奏も、反復することによって、意識しなくても滑らかな演奏ができるようになるのです。

更に、傾聴とは、相手の話している会話など言語情報だけを受け取るのではなく、相手の表情や声のトーン・感情から、相手が話している言葉以外の情報を読み取ることも重要です。

例えば、私たち結婚相談所の場合、ご結婚された会員の方の喜びの報告を受けるときなど、相手の表情は口角が上がっている、嬉しさと興奮から瞳孔が少し開いている(目がキラキラしている)

声が上ずって、少し早口になっているなど、相手の様子や雰囲気から、いつもと違う状態になっていることがわかると思います。

このように、人は言葉以外の非言語情報を受け取ることによって、相手の心の深い部分の感情を読み取ることが可能なのです。

自分に意識を向けた「内的傾聴」

pexels-photo-103127

日常的に、ほとんどの人は、会話や生活に至るまで自分自身に意識を向けた聴き方を行っています。

たとえば、友人と話しているときに、仕事のことが気になったり、上司の話が長いときに、「話が長いな」と思ったりすることはありませんか?

相手の話しを聴いているようで、聴いていない。つまり、相手に意識が向いていない状態です。これを「内的傾聴」と言います。

「内的傾聴」で話を聴かれていると、相手は「自分の話を聴いてもらっている感覚」は、ほとんどありません。

相手の話しを聴きながら、他のことを考えているわけですから、相手からすると真剣に聴いてもらっているという印象にならないのは当然だと思います。

あなたも、自分自身が話しているときに、相手がスマホを触る、目がキョロキョロしていて、どこか上の空で話を聞かれると、「もう、この人に話すのはやめよう」と思うはずです。

カラオケも同じで、あなたが歌っているときに、相手がデンモクやスマホばかりをいじっている、他の人との会話が盛り上がっていると、「歌うのをやめよう」とテンションは下がりますよね。

これでは、相手の自己重要感を満たすことができませんし、より良い関係を築くことはできません。

相手に意識を向けた「集中的傾聴」

pexels-photo-105890

「集中的傾聴」とは、相手に意識だけではなく、身体など姿勢も向けて、相手の表情や仕草、サインを逃すまいと集中して話を聴いている状態です。

好きな異性と近い距離で見つめ合っているときなど、「集中的傾聴」の状態になります。

つまり、周りで起きていることも見えない状態、細胞から全神経が相手に向いた状態です。

たとえば、大切な友人から「今の恋人と別れたい」と相談があったとしても、相手の表情や声のトーン、仕草などから、クライアントが「恋人との別れ」を本当に望んでいることなのか感じ取れるようになります。

それを、言葉通りに受け取ると、「〇〇した方が良いよ」など、上辺だけの問題にフォーカスしたアドバイスとなってしまうので、深いところで理解をすることはできません。

相手のことを深いところで理解していないので、相手もあなたに心を開くことはできませんし、より良い信頼関係を築くことができません。

相手の言葉の裏側にある感情や真意をくみ取って、深いレベルで共感をする。

「別れたいって言ってるけど、何か表情が暗いように見えるよ」

などと、伝えてみることによって、相手は自分の本当の思いや悩みに気づくきっかけとなり、「この人なら自分のことをわかってもらえそう!」と心を開くのです。

最後に

pexels-photo-112324

深いレベルの傾聴を行うときのポイントは、
・スマホの電源を切る、マナーモードにして、バイブレーション通知があっても、反応しない
・少し前のめりになって、相手の表情・仕草・声のトーンに集中する
・相手が話しているときに、他のことを考えない。意識を相手に向ける
・相手の些細な変化や反応に気づいて、感じたものを鏡のように伝える

など

上級レベルになると、相手と呼吸を合わせることまで意識をして傾聴を行います。

前述したように傾聴は、繰り返し反復練習を行うと誰でもできるようになりますので、是非、日常生活の中で実践されて、あなたの人間関係をより良いものへ変化させていってください。

なぜ、こんなに多くの成婚が出るのか

pexels-photo

あなたは、結婚するとすればいつまでに結婚の夢を叶えたいですか?

35歳、40歳、あるいは50歳を超えてセカンドライフが見えてきたからこそ、将来を真剣になったという方も少なくないでしょう。

更に、昔の結婚相談所のイメージは「結婚できない人」が利用するイメージだった方も多いですよね。

しかし、ブライダル調査期間の調べによると、独身者の約4人に1人が婚活サービスの利用意向があり、実際に約6人に1人が利用経験有りというのが現状です。

実際に、弊社でご成婚された40代男性Aさんは、結婚相談所にご入会されたときに、「結婚相談所のイメージが変わりました」と、利用者のレベルの高さに驚いていました。

その通りなのです。今や、結婚相談所は「結婚したい人が利用する」業界イメージへと変わっているのです。

30代後半女性Bさん
「職場と自宅の行き来だけ。出会いが無くて、このままでは将来が不安」

40代前半男性Hさん
「もう出会えない婚活パーティーやイベントは疲れました」

このように、出会いが少なくてお困りの方や、婚活に疑問を感じる方は、CEN結婚相談所の出会える婚活を試してみませんか?

御成婚者が多数出る理由は、出会いの数と、ご利用者の目的意識の高さ、専任コンサルの卓越したコンサルティングなど。

実際に、お試しいただくとわかります。あなたはきっと、これまでとは違う成果を手にすることができるでしょう。

30代~50代までの婚活、60代からのシニア婚活から、親御様向けプラン。そして、再婚・再々婚・お子様有向け優遇プランなど、多数実績があります。

私たちで良ければ、お気軽にご相談下さい。
▶お電話の方は0888465510
▶Webからのお問い合わせは⇒ コチラ
営業時間は10時-19時で、お急ぎの方はお電話でのご予約が便利です。

土日・祝日は電話が繋がりにくい可能性があるので、お早めにご連絡ください。完全予約制で婚活バレしたくない人も、内緒での婚活が可能です。