高度経済成長期からバブル期まではほとんどが職場結婚などの恋愛結婚で未婚率はかなり少なかったです。当時の結婚相談所は「結婚ができない」方が利用しているイメージが強かったですが、今は全く違います。生涯未婚者も増えてきて独身者が未婚に留まる理由の第一位は「適当な相手に巡り会えない」といった理由になっています。周りを見渡しても誰が結婚パートナーとしてふさわしいのかわからず、出会いにくい時代になってきたのです。ですから、昨今の結婚相談所は「結婚をしたい方」が集まり利用されています。目的意識がはっきりとしているので、結婚パートナーに出会える確率はグンと高まります。