男性が女性に求めるもの

前回は、女性が結婚条件として男性に求めることについてご紹介致しましたので、今回は男性目線で結婚条件として女性に求めることを論じます。

バブル全盛期は、3K=「可愛い」「賢い」「家庭的」
今はプラス「経済力」

男性の収入が減少している為、男性が女性に「経済力」を求めるようになった。(=二人で安定的な収入)

経済理由で結婚を諦めている男性は少なくない。婚活現場の最前線にいる私がよく耳にする未婚に留まる理由として、「自分の収入では結婚は無理」「将来が不安で結婚に踏み切れない」など、20代30代を中心に自分の将来に希望を持っていない。それにもかかわらず、サークルなどのコミュニティ活動や趣味など、「現状への満足度は高い」方が多い。将来に希望が持てないからこそ「今」を楽しむことへの関心が高いとの仮説が立てられる。

特に実家暮らしの独身男性の現状満足度は非常に高く、実家暮らしであれば、食・住の環境が整っているのでコストはかからない。わざわざ結婚して家を出て家庭を養わなければならないというのはデメリットにしか見えないのだ。「自由・気楽さを失いたくない」ということも未婚に留まる理由の上位に挙げられる(国立社会保障・人口問題研究所より)

実際に高知県の20代~40代の平均所得のボリュームゾーンは200万円~300万円台、それに対して女性が男性に求める所得は実際のところどうだろうか・・・。

セン結婚相談所で男性へ求める条件を見直し、成婚されていく女性たち

うまく成婚女性高知婚活

特徴として相手に全てを求めるのではなく、女性も仕事を辞めずに二人で安定年収350~500万円と考えられている方が多い!看護師や中小企業管理職クラスの女性の中には、「彼さえ良ければ私の収入は気にしません」というモデルケースのような方もいらっしゃる。もちろん最初からそのように考えられる方は少ないので、私とのセッションの中で結婚の優先順位度を確認しながら新たにマインドをセットしていきます。

なにも男性に多くを求めないでほしいとか、女性の夢を壊すつもりは毛頭ありません。逆に、それだけ日本女性のレベルが高くなったということが言えるのではないだろうか。彼女たちも何も最初から割り切っていたのではなく、男性へ求める条件を柔軟に見直すことが出来たからご成婚されたのある。

私個人の考えとして、人(男性)の魅力というものは何もお金が全てだとは思わないし、結婚にコスパという言葉を使うこと自体がナンセンスだと思う。

前回のブログで述べたように、年収500万で休日ゴルフ三昧の男性より、年収200万以上だけど家族で庭バーベキューする男性の方がよほど魅力を感じる。共有・共存している実感と喜びはお金にかえられない、まさにプライスレス。現代の婚活女子が男性に求めていることブログ記事→http://kochi-kekkon.jp/408

家族が増えたことや子どもが産まれたこと、仕事に疲れて家に帰ったときに温かい食事と温かい団らん。日々の小さな出来事に感動し喜びを分かち合えるパートナーがいること。老いて死にゆくときに子どもたちなど家族に囲まれたいじゃないですか?少なくとも私はそんなのは嫌です!!

まとめますと、、、

CENまとめ婚活お見合い高知

これ以上、能書きをたれるとトピ違いになってくるので話をまとめます。幸福な結婚そしてその先の家庭作りをするためには、収入だけにフォーカスするのではなく、相性、価値観、環境、性格などの数値で計れない相手のトータルでの魅力(人間性など)で結婚パートナーを選びましょう!

婚活のプロが「成婚へのステップ」となる考え方を導いてくれるのが、私たち仲人婚活の最大の強みと言えるでしょうね。

婚活や結婚のことで何かお悩みの方。私でよければあなたのお悩みやお考えをお聞かせください。Facebook・LINEもやっていますので、そちらからもお気軽にご質問下さい。
ご質問はこちらから
代表甲木Facebook→https://www.facebook.com/ryosaku.katsuki
LINE ID→ryosaku8880
メール→katsuki@kochi-kekkon.jp