pexels-photo-208520

「もっと女性からモテたい」

「このネガティブな性格を変えたい」

「初対面で緊張してうまく話せない」

モテたければ、髪型変える、服装変える、話し方や話す内容・・・etc

何か行動を変えなければ、結果は変わりません。でお馴染みの高知の結婚相談所CEN編集部です。

今どきスカジャン着てリーゼントで硬派な男らしさを出しても、「あなたは氣志團のファンですか?」と質問したくなるだけで、それは“頑張る方向”が間違っています。

例えるなら、下り坂を自転車立ちこぎしているのと同じ。

手早く自分を変えたければ、身近にいるモテ男を徹底的に真似ぶ=学ぶこと。もう面倒臭いからいっそのことマルパクリその人になりきる(オマージュ)!

近くにロールモデルとなる人がいなければ、映画やドラマの主人公でもオッケー牧場主。

もしあなたが女性になかなか声がかけられない内気な性格であるのなら、明るく・軽く・爽やかの三拍子揃った登場人物の話し方や、言葉の選択をするのです。

80年世代の方ならわかると思いますが、学生のときキムタクの真似してる人多くなかったですか?ナンバーナインのトップス着たり、TW乗ってる人やたら多かったですよね(笑)

漫画が好きな人なら漫画を素材にしてもいいのですが、キャラクターの設定を間違って、コスプレフェスタに行く途中のような恰好にだけはならないようにご注意を。

変わりたいけど、変わらないのはなぜ?

pexels-photo-172101

さて、ここからが本テーマ。

自己啓発系のセミナーに通ったり、web上のライフハック系記事やビジネス書を読んでいるのに、変わるのは手にしている本だけで、肝心なあなたは何ひとつ変わっていないのは何故でしょうか。

「変わりたいけど、変われない」やめられない止まらない~♪

コホンっ!それは、あなたの意思が弱いとか、意識が低い云々の話ではなく、「変化をしたくない」という脳の性質に理由があったのです。

人間の脳はデフォルトで、自分の体を健康に保つために恒常性の維持(ホメオスタシス)をしようとする性質を持っています。

わかりやすく言うと、冬の寒い朝に体が震えるのは、体温を上げようとし、真夏の暑い日に汗をかくのは体温を下げようとするソレです。

このように、私たちの体はストレスになりうる外部の環境変化に対して、体の内部環境を安定した恒常的状態に保とうとする調節の仕組みがあります。

つまり、人間の脳はとても優秀なシステムであり、遺伝子レベルでプログラムされている程、人間の脳は環境の変化を嫌うということなのです。

ここで少し自分の話をさせてください。

僕も6年務めていた高校を辞めて起業するときに、「よ~し、起業するぞ!」と気が高ぶったり、迷いが生じたりと、脳と体が環境の変化を嫌い、激しく抵抗して押さえつけようとしていました。

「何も安定した教師を辞めなくてもいいのに」

「失敗したら、今の条件以上の就職先があるのだろうか」

今のままで十分に満足いく生活はできる。生存本能から言えば安パイを取ろうとするのは当たり前のことで、わざわざ違う舞台に飛び込みリスクを負う必要はないのです。

ですから、まずこの脳の性質を理解しておく必要があります。

「変わりたくない」という前提に、「変化の過程は辛い」と脳にプログラムされているのであれば、脳のプログラムを「変化の過程は楽しい」に書き換えることが出来れば、意外と簡単に変わることは可能なのです。

変わることに気合いと根性はいらない?

stop-shield-traffic-sign-road-sign-39080

「今までの自分を変えたい!」と思ったときに何か辛い苦行でもするかのようなイメージを連想していませんでしたか?

例えばダイエット。あなたは身長170cm90キロの男性で、20キロ痩せることを目標にするとします。

「よーし、今日から毎日5キロ走って、炭水化物を抜いて、夕食は納豆だけにする!」

しかし、そんな我慢が長続きするわけがありませんよね。

変化のプロセスで“気合いと根性”を必要とする時点で成功の匂いが感じられません。

稀に気合いと根性でダイエットに成功する人はいますが、最終的にリバウンドをするか、体調を崩すリスクが高いので、無理なダイエットはリスクです。

いずれにしても、ダイエットに成功する人が少ないから、新しい〇〇ダイエット~本が売れるわけですし、ビリーズブートキャンプ⇒ライザップなど流行が変わるだけ。

それだけ、「変わりたいけど、変われない人」が世の中に多いということなんですね。

変化の「前提」に辛いというイメージは間違い?

pexels-photo-206497

「20キロ痩せることを目標にする」

その目標までの過程に「辛いダイエットをしなければならない」という前提がありませんか?

今まで食べることが大好きで、出来るだけ運動を避けてきた人にとって、極端な食事制限や運動はかなりのストレスです。

水を飲んで空腹をごまかしたり、食べてしまって「あぁぁあ!」と、罪悪感を覚えるダイエットなんて楽しくないですし、長続きするわけありません。

しかめっ面しないで、もっとダイエットを楽しんでやればいいじゃないですか。いきなり165キロ投げようとするから肩を壊すんですよ。

感の良いあなたはもうおわかりですか?

そうなんです。ダイエットを成功させるコツは、いかに目標までの過程を楽しむか。

1キロの軽いジョギングから始めて、毎日10%ずつ距離を伸ばしていく。

まずは、缶ビールだけを糖質オフに変えてみる、お昼のラーメンを定食に変えてみるなど、今までよりもわずかに高いハードルを設定してチャレンジしてみるなど。

トレーニングは+10%、食事制限は-10%。1週間くらい続けたら、更にそこから10%増やしたり減らしてみる。

そして、階段を上がっても息切れしなくなった、ベルト穴が1サイズ変わった!など、この日々の変化の過程が楽しいから、続くのです。

楽しいから続くのが、正しいダイエットのプロセスであり、継続するから結果はもちろん変わる

そしてまた見た目(結果)が変わるから楽しい⇒継続するというサイクルになればダイエット自体が楽しくなってきます。

いかがでしょうか?

何か行動を変えるときは、まずは半歩先くらいの目標を立てて、少しずつ変化を楽しむように心掛けましょう。

次回からは、あなたが変わるための方法論をもう少し詳しくお伝えしていきたいと思います。

今ブログが婚活や仕事などで結果が出なくて伸び悩んでいる方の少しでもお役に立てると幸いです。

2016年ありがとうございました!

Soughton HallWedding Photography By Ashton Photography www.ashtonphotography.co.uk

お陰様で2016年は12ヶ月連続で15組の御成婚カップル誕生となりました。

これも会員の方の努力の賜物であり、皆さんのご支援ご協力のお陰だと心から思っています。有難うございます。

ブログを書き続けて300記事以上になりましたが、「ブログ楽しみにしています」とか、「勉強になるから続けてほしい」など、沢山の方からお声をかけて頂いてます。有難うございます。

僕らCENは、結婚相手を紹介したり、結婚式をプロデュースするだけの会社ではなく、人・社会の幸せを作っている、夢の実現のお手伝いをしている会社です。

2017年も婚活、人間関係、コミュニケーション、メンタルヘルスなどでお悩みの方に向けて、ブログを書いていきたいと思います。

僕らも2017年はカウンセリングのスペシャリストとして新たな上級資格を取得するなど、更にレベルアップしていきますので、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

それでは、皆さん良いお年を!!

※2017年は1月3日から通常営業致します。