高知の宿城西館で企業研修.コミュニケーションセミナー

高知で婚活サービスを提供しているCEN代表の甲木良作です。

私は、日頃から婚活セミナーや企業研修などで、NLP(神経言語プログラミング)という別名「脳の取扱説明書」と呼ばれる心理学を取り入れたコミュニケーションの授業(セミナー)を開催しています。

今回、城西館さんを会場に、「コミュニケーションを飛躍的に向上させる授業」と称して、出前授業をさせて頂きました。

NLPは1970年代にカリフォルニアで始められた言語学と心理学を組み合わせた実用的な学問です。
【出典元:NLP-JAPANラーニングセンター】

NLPは、卓越したコミュニケーターやコミュニケーションの天才は、どのようにコミュニケーションのパターンを取っているのかを徹底的に分析したプログラムで、NLPを取り入れて活躍している代表的な方は、アメリカのオバマ前大統領や、ネルソン・マンデラ氏などが有名です。

私はこのNLPを学び、クライアントにNLPを取り入れたカウンセリング婚活で異性とうまくいくことを目的とした実用的なコミュニケーションのパターンをお伝えして、ご結婚の夢を叶えるお手伝いをさせて頂いております。

NLPはどこでも、誰とでも、瞬間的に使えて、すぐに効果が表れるそのような内容のプログラムとなっております。

今回、ブログでお伝えする内容はNLPの基本的なほんの一部であり、文章でお伝えすると誤解が生じる可能性もあるので、内容はあまり詳しくは書けませんが、是非何か一つでも学びを持ち帰って頂けたらと思います。

ラポール・スキル

pexels-photo-351330

卓越したコミュニケーターやコミュニケーションのプロというのは、相手と意識的にコミュニケーションを取っています。その中で、最も基本となるのがこのラポール・スキルと呼ばれる技術です。

ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味です。

つまり相手の心と自分の心に橋をかけて、より強固な信頼関係を作っていくということです。

“自分のダンスを踊ってもらいたければ、まずは相手のダンスを踊る”

恋愛でもビジネスでも、あなたのダンスを踊ってもらいたい。あなたがダンスをリードしていきたければ、まずは相手のダンスを踊ることが大切という意です。

人間は自分と似ている人に親近感を覚えます。丁度、今は甲子園が開催されていますよね。(平成29年3月21日現在)

昨日は、地元高知から中村高校が40年ぶりに選抜高校野球に出場しましたが、強豪前橋育英高校に惜しくも敗れました。

中村高校は、1977年に「二十四の瞳」旋風を巻き起こした時以来40年ぶりに出場したこともあり、昨日の試合は5,000名を超える大応援団が全国から甲子園球場に駆けつけました。

もちろん、応援に駆けつけたファンの皆さんはそれぞれの想いがあったと思いますが、ほとんどの場合、出身地・母校であるなど、地元という共通のテーマがあるからです。

結果は残念でしたが、夏の優勝経験もある強豪校相手に十分、健闘し、多くの方に勇気と感動を与えてくれたと思います。

甲子園を一例に挙げましたが、人間の心理はやはり近いところに親しみを感じるということがいえるでしょう。ラポール・スキルはこの心理を使います。

メラビアンの法則

jobhunting_img1_3

次に、メラビアンの法則と呼ばれる、コミュニケーションにおいて、相手に与える影響度を分析したグラフです。

弊社は婚活サービスを提供している会社ですが、クライアントからよくある質問が、「異性と何を話せばよいのかわからない」というご質問です。

コミュニケーションがうまい人と言えば、お笑い芸人のように滑らないネタを持っている、話すのが上手な方をイメージされる方は少なくないと思いますが、このグラフを見て驚くことに、会話の内容などの言語情報はほとんど影響を与えていないということ。

話し上手は聴き上手という言葉もありますが、コミュニケーション能力に長けている人ほど、相手に会話の主導権を渡してあげる、つまり相手に気持ちよく喋ってもらうことを意識しているのです。

相手に気持ち良く喋ってもらうポイントとして、ミラーリング、マッチング、バックトラッキングという3つの方法があります。

ミラーリング

pexels-photo-267885

ミラーリングは、その言葉通り、まるで自分が鏡に映っているかのように、相手の仕草や動作を合わせることにより親近感を持ってもらうというやり方です。

例えば相手が足を組んでいたら自分も足を組む。腕を組んでいたら自分も腕を組む。相手が笑っていたら自分も笑う。相手が悲しそうな表情を浮かべていたら、自分も悲しそうな表情をする…etc

商談などでお客様がコーヒーを飲んでいたら、同じタイミングで自分もコーヒーを飲む。このようなミラーリングでも結構です。

ミラーリングで注意するポイントは、あまり大げさにやりすぎないこと。相手に気付かれないように自然にふるまうことです。

コーヒーを飲むタイミングを少しずらすなど、さりげなくミラーリングを行うように気をつけてください。

上手にミラーリングができるようになると、今度は相手の方からあなたの動作・仕草を真似してくれるようになるときがあります。この状態をリードと呼び、まさに相手のダンスを踊ってから、あなたのダンスを踊ってくれている状態だと言えるでしょう。

マッチング

pexels-photo-261628

次に、マッチングと呼ばれるスキルです。

これは、メラビアンの法則でいうところの聴覚情報にあたります。

マッチングで意識することは、相手と声のボリューム、会話のスピードを合わせることなどです。

何故かいつも以上に声が大きい人や、やたらとテンションが高い人っていますよね。

中高年の男性の方や体育会系の男性に見られる特徴ですが、おそらくアナログ営業が主流だった時代に、商談の主導権を握る、自分が相手よりも優位に立とうとする意識からパターン化された手法なのかもしれません。

いわゆる押し売りセールスに近いのですが、相手が黙り込むぐらい威圧的に大きい声を出す。実はこれは全くの逆効果で、相手残るのは嫌な感じと違和感だけです。

特に男性の方で相手が女性の場合、声のトーンはやや抑えめのケースが多いと思うので、相手が声のトーンを抑えて話すタイプであれば、あなたも声のトーンを抑える。

相手がゆっくりしたペースで喋っていたら、こちらもゆっくりしたペースで合わせるなど、相手のペースに合わせることを意識しましょう。

このマッチングはメールやLINEなどのやり取りでも同じことが言えます。例えば、相手が2行くらいの短文を送ってきたときに、いつも長文で返すパターンの方。

毎回長文だと相手の方も「長文で返さなければならないのかな」とプレッシャーを与えることになるので、文章も相手のペースに合わせるようにしましょう。

レスポンススピードも同じです。相手が2、3時間のペースで返してくる女性であれば、こちらもそのペースを守って2、3時間で返す。毎回、即レスだと相手は返事を催促されているような感覚になるので、ここでもペースを合わせてあげるくらいの心のゆとりを持つ。

好意を持ってくれるようになると、自然とレスポンスも早くなりますし、内容も充実した内容を送ってくれるようになるので、リアルコミュニケーション以外のコミュニケーションでもマッチングを使ってみましょう。

バックトラッキング

pexels-photo-351073

最後にバックトラッキングという手法です。

ラポール・スキルの中でも重要なスキルです。これは、家族でも恋人でも職場の上司とでも、どのシーンでも使えてかなり役に立ちます。バックトラッキングは日本語でいうと「繰り返し」。

ただオウム返しするだけの簡単な方法です。トラッキングは曲。つまり前の曲に戻すということ。

例えば、「先週、甲子園に中村高校の応援に行ってきたんだよね」と言われたときに、「えっ?中村高校の応援に行ってきたの?」と相手が話した事実を繰り返すだけ。

そうすると、「そうなんだよ。職場の先輩と行ってきたけど、アルプス席に座れないくらいの大応援団だったよ」と会話の時間軸が戻って、相手は話を続けてくれます。

こちらが会話の話題を用意しなくても、相手の事実にのっかっているわけですから、こちらが会話ネタを準備しておく必要はありません。バックトラッキングがうまくいき出すと、会話が止まらなくなるのですね

最後に

pexels-photo-326605

デールカーネギーの「人を動かす」という有名な本に「誤りを指摘しない」という法則があります。

会話の目的はあくまでも相手を楽しませるということが目的であって、議論に勝つことが目的ではないということです。相手の誤りを指摘、否定するということは、相手の顔に泥を塗ること、相手に残るのは嫌な感情だけです。

例えば、私は大学まで野球を続けて、前職は高校野球の指導者をしていました。

野球の知識は野球を経験していない人よりは当然あります。うちの父は野球経験者ではありませんが、私が野球をやっていた影響もあって野球が大好きです。

今ですと、WBCや甲子園を見て、野球談議で盛り上がっていますが、「それは違うけどな」と思うことも時々あります。

しかし、父親を立てる、父と仲良くすることが目的であり、何か父が損害を被るようなこと以外は、否定せず、「そうだよね」といって協調することによって、いつも父とは仲良くしています。

ビジネスも恋愛も、目の前にいる相手との目的は何なのか?目的を意識してコミュニケーションを取ることを意識すれば、望ましい人間関係を築くことができるでしょう!

最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

婚活や恋愛などでお悩みの方は、私達CENで良ければ是非、ご質問ご相談下さい。
ご相談はコチラ
▶お電話の方は0888465510

【出典元:NLP-JAPANラーニングセンター】