結々の縁結びブログ

ありのままの自分じゃダメですか!?

『ありのままの自分じゃダメですか!?』

ありのままの自分を受け入れてほしい。という方。

男女問わず数多くいらっしゃいます。

しかし、何の努力もせずに、

全部自分に合わせてほしいという見方もできてしまいます。

以前こんな男性がおられました。

お仕事自体はバリバリできて、経済的にも余裕はありましたが、

白髪交じりで、年齢の割には少し老けて見えた印象でした。

そこで、白髪を染めることを提案したのですが、

『そんな、面倒くさいことをしてまで無理に自分の姿を偽っても、

結局一緒に生活していくのだから、格好つけずに、

ありのままの自分を受け入れてほしいんですけど、、』

みたいな事をおっしゃって、アドバイスをうまく聞き入れてもらえませんでした。

その彼は、お金があるにも関わらず、

お見合い時着用してもらうスーツ一つをとっても、

あまりにも型の古い昔のスーツを使いまわされていたので、

服装にも頓着がないのだと思います。

サイズも少し小さいなと感じました。

日頃、スーツを着る機会がなくても、

サイズの合ったものを23着は持っていた方がいいかと思います。

高いものではなくても構いませんので、その方がレパートリーも増え、

女性からの支持も得られやすいかと思うからです。

こういった男性が、大きな勘違いをしているのが、

『自分が気にしないのだから、相手も気にしないだろう!』

という思い込みなのです。

清潔感や、身だし並みを気にしない女性はいないと思った方が良いと思います。

女性は「清潔感重視」と言っても過言ではありません。

爪が伸び過ぎていないかなども女性は、さりげなくチェックしています。

そんなレベルでも、日頃気にしている男性と、気にしていない男性では、

清潔感という物差しで言えば差が出てきてしまいます。

こちらもあまり無理なことは言いませんので、

仲人から指摘されたら、アドバイスに素直に耳を傾けることが

活動をしていく上でとても重要だと思います。

一方、女性の『ありのまま』タイプは、

『普段から化粧をしないのですが、しないといけませんか?』

という女性。

正直、貴方のライバルは、全員化粧してますよ!と言いたいです。

そして、マメに連絡をくれる男性に対して、

『私は家でも携帯をマナーモードにしているので、すぐには気づかないです』とか

翌日にならないとラインを返信しない女性などもそうです。

『これが私のスタイルなので、、』と相手に合わせてもらうばかりでは、

当然ながら仮交際もスムーズには進みませんよね。

このように、『ありのままの自分』を相手に押し付ける方は、

ご成婚にいくまでに大変苦労することが予想されます。

最終的には、みなさん相手に合わせるところ、合わせてもらうところなど、

折り合いをつけてご成婚されるのですが、あまりにも何の努力もみせなかったら、

おそらくお相手の気持ちも段々と遠ざかっていきますよね。

ご成婚に進む方は、努力して相手に合わせられる方が圧倒的に多いのが現実です。

ありのままの自分を受け入れてもらおうと思うのではなく、

相手の気持ちも考えて、好きになってもらえるような人になりましょう。

今回は少し辛口になってしまいましたが、ぜひ今回のお話、参考にしてもらえたら嬉しいです。

同じカテゴリの最新記事

友達になれそうで大丈夫!(女性向け)
入会者数達成優秀バッジを獲得!
視野を広げよう!(女性)
結婚相談所で入会者が増えている秘密!

top