結々の縁結びブログ

荒木直美先生の講演に行ってきました!

実は私、高橋は高知県のマッチングサポーターも兼務しておりまして、

サポーター用スキルアップ研修の講師に今テレビでも活躍中、

婚活界の松岡修造こと『荒木直美』先生が講演に来られると聞いて、早速行ってきました。

荒木先生をご存じない方の為に、少しご紹介しますね。

荒木直美さんは、フジテレビ系の番組『セブンルール』や、

『週刊女性』で、婚活の職人技が紹介され、今話題になっている女性です。

婚活コーディネーター歴22年の経験から、

独自に作り出したオリジナルの恋愛&婚活レクチャーと実践プログラム、

その名も『荒木メソッド』を武器に、多くのカップリングに成功しております。

 

 今回の高知県での講演もそうですが、その他の行政や民間企業には、

『成功するコーディネート術』をレクチャーし、独身者たちには、

婚活に臨むための心構えや、カップルになる為の必勝法を伝授しています。

先日の高知県での開催は、新型コロナウィルスの影響で、

オンライン開催となった為、残念ながら直接はお会いできませんでしたが、

第一印象は、とても笑顔が素敵で、『陽』のイメージが強い、

そんな魅力的な女性でした。モニター越しでも荒木さんのはじける笑顔や、

とても聞き取り安い綺麗なお声は、頭にスッと入ってくるので、

とても充実した2時間の研修となりました。

今回、マッチングサポーター向けの講演でしたが、

この講演を聴いて、なるほどな、と私が感じたことを皆様にご紹介したいと思います。

まず、昔と現代の女性を比較すると、女性の気持ちにとても大きな変化があるそうで、

それは何かと言うと、『許容できる男性の年齢』だそうです。

30代の女性に『許容できる男性の年齢』についてアンケートをとったところ、

なんと8割の女性が4歳上まで。と書いたそうなんです。

まずここが一昔前とは全く違うところですね。

この裏付けとして、

全国的に結婚されたカップルの年齢差をみると、

一番多いのは、

一位 同級生

二位 男性が一つ上

三位 女性が一つ上

だそうです。

これはもうすでに統計が出ていますので、結婚しやすい異性というのは、

もはや同世代が圧倒的に多いということの現れですね。

これを元に、荒木先生は、

お相手女性が10歳下や15歳下を希望するハイスペック男性にアドバイスする時、

芸能人に惑わされて、夢を見てはいけないという現実をストレートに突きつけているそうです。

そして、現代の晩婚化の話しの流れでおっしゃっていたのですが、

荒木先生曰く、婚活には、一番婚活しやすい時期、

いわゆる『ゴールデンタイム』というのが存在するらしいのです。

この一番婚活しやすい時期、『ゴールデンタイム』、皆さんはいつだと思いますか?

実はこれは20だそうです。

男女問わず20代だと選ばれやすいし、選びやすいそうなんです。

20歳だと、ほぼほぼ誰も結婚していないので、

同世代の相手がいくらでもいるので婚活しやすいという事ですね。

それが30代ともなると相手も結婚していることが多いので、

そういう面からみても、だんだんと結婚がしづらくなってしまうというのが現実なのです。

男性の結婚のピークは27歳。女性のピークは26歳。

そして荒木先生は現在、高校生や大学生に向けて、

この『ゴールデンタイム』を逃してはいけない!という事を講演されているそうです。

その荒木先生が『婚活イベント』に行く女性に対し、特にアドバイスしたいのがこの2つでした。

まず1つ目、婚活イベントは友達と行かない方がいい。

 9割型失敗します。友達の目が気になるし、カップルになっても、

友達を気にしてアフターパーティーにいけないからです。

これは私も同感です。友達同士で行くイベントは、

周りからみても真剣さが感じられないし、

パーティーが終わったあと、反省会と称して、

傷のなめ合いみたいな感じになって、あまり身にならない印象もあります。

『婚活は一人で行って、二人で帰ってくる』場所なのです。

そして女性にアドバイスしたいもう一つが、

竹内涼真は来ない、横浜流星もこない、エグザイルも来ない、

三代目も来ないけど、商店街の二代目は来ますよ。

優しいし、磨けば光る原石はいますよ。

口下手だけど高倉健みたいな男らしさはあるよということ。

こんな風にアドバイスすることで、

素敵な男性が来ることに期待しすぎないで参加することを強くおっしゃっていました。

このように、荒木さんプロデュースの婚活イベント、

手を変え品を変え色々とやってきているみたいですが、

荒木さんが主に活動されている熊本県では、そもそもこの高知県のように、

行政発信の婚活事業自体が進んでいないらしく、

高知県による婚活支援体制は熊本県の男性が見たら、

とても羨ましがるレベルだそうなんです。

この状況はやばい!と思って始めている自治体と、

そうでない自治体があるので、高知県はその点、

感謝しても良いくらいの婚活先進県だそうです。

ここは高知県の独身者の皆さん、他県の方がおっしゃっているので、

説得力もありますよね。

普段婚活していて、気づかないところなので、知識としてもっていて欲しいですね。

高知県はかなり前から、やばいと感じて、動いてたんですね。

行政が運営するマッチングサポートでしたら、

お金もそれほどかからずに婚活ができますので、結婚を望んでいる独身の方で、

まずは高知県のマッチングや、イベントに行ってみようかな、

と思ってくれる方が一人でも増えれば、私も嬉しいですね。

最後になりますが、この講演を聴いた私の感想です。

婚活イベントは、友達と行くのではなく、真剣な気持ちをもって、

一人で行った方がいいという事、私も切に願います。

特に女性に言いたいのは、友達との思い出作りや、

話題作りで行くのではなく、少なくとも良い人がいたらカップルになりたい!

という気持ちが無ければ、行くべきではないと思います。

 

 イベントに行くことによって、

異性への気持ちが芽生えることもあるかもしれませんが、

その程度の気持ちで行くのならば、お相手に大変失礼だし、

そのことによって傷つく男性もいるからです。

今回の講演、婚活サポーター向けのお話でしたので、

仲人としての心構えなどたくさんのアドバイスを頂きました。

吸収できるところ、取り入れるところは取り入れて、今後の仲人業に活かせたらと考えます。

同じカテゴリの最新記事

成婚者数優秀相談室バッジ頂きました!
割り勘論争について
高知新聞さんから取材を受けました。(4/...
荒木直美先生の講演に行ってきました!