結々の縁結びブログ

割り勘論争について

今日は割り勘論争について私の見解をお知らせします。

今迄数多くの交際カップルを見守ってきましたが、

デートの時のお支払いについては、

様々な場面で交際終了の火種になってきました。

結論からお伝えすると、この割り勘論争には正解はありません。

男女平等を掲げている現代、

個人の考え方や信念もあるでしょう。

しかし、男性の方が年齢が高かったりした場合、

きっちり割り勘にしてしまうと、

その行動だけで女性の恋心は冷めてしまうのです。

※これは婚活でよくあるお話です。

お見合いが終了して、お支払いの時、

女性が財布を開ける素振りをしても

それを鵜呑みにしてはいけません。

そこは男性が『ここは大丈夫です。』と、

スマートにお支払いした方が

好感度は上がるかと思います。

奢られたくない女性もいるのでは?

とおっしゃる男性もいますが、

お見合いの場では、通常お茶代は男性がもつのが自然なのです。

ですので、お茶代くらい奢られたからといって

嫌がる女性はかなりの少数派だと思います。

その事で女性からクレームが入ったとしても

仲人さんも男性を支持するはずです。

お見合いのお茶代、そして一回目のデートくらいは

男性が全て持つくらいが望ましいというのが私の見解です。

ここで男性が気を付けないといけないのは、

2回目以降少し女性に出してもらうにしても

小銭のやり取りはスマートではないため、

5000円かかったら、2000円出してもらうなど、

千円単位で、渡しやすい金額を受け取りましょう。

デート中のお金のやり取りは、余裕のある紳士的な振る舞いで、

ぜひ女性のハートを射止めてください♡

同じカテゴリの最新記事

成婚者数優秀相談室バッジ頂きました!
割り勘論争について
高知新聞さんから取材を受けました。(4/...
荒木直美先生の講演に行ってきました!